結婚相談所

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

基本は無資格・無許可

ここではまず、結婚相談所の基礎知識についてご理解いただき、皆さまが安心してサービスを利用できるよう、サポートをして参りたいと思います。

初めに理解しておかなければならないのが、結婚相談所は「無資格・無認可」でも開設できてしまうということです。法律上、資本金1円でも会社の設立が可能となった今、インターネット上には様々な結婚相談所が乱立し、情報が氾濫してしまっているのが事実です。

もちろんその中には、真摯に活動を続けている業者がたくさん存在していますが、それ以上に多くはびこる「悪徳業者」があとを絶ちません。

そこでまず、その結婚相談所が優良業者なのか、悪徳業者なのかを見分けるための手段として、「クーリングオフ」に対応しているかどうかを確かめる方法があります。結婚相談所の場合には、契約書を交わしてから8日間以内ならばクーリングオフの適用がなされます。このクーリングオフのルールは、「特定商取引法」の中で定められているものであり、法律を遵守することが、結婚相談所の営業を続けていくにあたっての最低ラインとなります。

優良業者の場合には、8日以内に中途解約を申し出ることによって、入会金などの費用が戻ってきます。しかし悪徳業者の場合には、様々な理由をつけて中途解約をさせないように仕向けてくるでしょう。また、わざと対応を遅らせて
「8日間の期限を過ぎてしまったので、その申し出は無効だ」と主張してくることもあります。

これは明らかな法律違反なのです。こうした悪徳業者に騙されないためには、結婚相談所への入会を決める前に、「クーリングオフ」が適用されるかどうかをきちんと確かめることが重要です。

しかし実際には、契約書に書かれている規約の中には、非常に細かな字で書かれているものも多く、クーリングオフについて書かれている部分を探すのは一苦労でしょう。こうした場合には、契約の際に、「クーリングオフについての記述がどこに書いてあるかを教えて下さい。」とはっきり相談員の方に伝えましょう。

ここで言葉を濁したり、わざと教えてくれないといった対応であれば、その業者は問題です。優良業者ならば、嫌な顔一つせずに丁寧に教えてくれるはずです。ここが「優良業者」と「悪質業者」を見分ける一つの手段になります。

スポンサード リンク
?結婚相談所コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.